『明治安田生命J1リーグ』第26節の注目カードについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

先週は代表ウィークということで、2週間ぶりの投稿です。

と言いつつ『名古屋グランパス』は、ルヴァンカップの準々決勝がありましたね。相手はあのリーグ2連覇中の王者『川崎フロンターレ』でした。私は、後半のホーム戦を現地で観戦してきたのですが、前半を0ー2で負け越していたこともあり、絶対に準決勝に上がるんだという選手やサポーターの熱気が凄まじかったのを今でも思い出します。結果的には2ー2で敗退が決まってしまいましたが、残りのリーグ戦に希望を持てる、非常に爪痕を残した良い試合だったと思っています。

 

ということで、今週は第26節。

紹介する対戦カードは『鹿島アントラーズFC東京

 

注目ポイントは『首位攻防』です。

現在、首位を走る『FC東京』は、一時は2位との勝ち点差がかなり開いており、優勝が確実視されていました。しかし、試合を重ねるにつれ、徐々に下位の強豪チームが勝ち点差を詰めてきて、優勝争いを繰り広げるという事態に発展しています。

そこで台頭してきたのが『鹿島アントラーズ』です。近頃は、コパ・アメリカで躍動した上田綺世選手が調子を上げてきており、チームの勝利に大きな貢献をしている印象です。そして、名古屋からは、相馬勇紀選手が期限付き移籍をしており、私自身、その成長ぶりを移籍期間満了後に名古屋で見せてくれることを楽しみにしています。笑

そんな鹿島ですが、現在、首位との勝ち点差は4ということで、ここで勝利することで、勝ち点差を1につけ、優勝の可能性が一気に高まります。鹿島は、リーグ戦の他にも、ルヴァン、天皇杯ACLと、その全てで優勝の可能性を秘めており、4冠も期待されています。そして、この第26節の試合は、鹿島のホームということで、勝利に絶好な条件が揃っているため、さらに期待が高まります。

 

果たして、鹿島はホームで勝ち点差を縮めることができるだろうか。そして、対する東京は、アウェーという難しい環境で、優勝に向けての立ち位置をより強固なものとできるだろうか。この試合はまさに、今後の優勝争いに大きく関わってくる試合となることは間違いなく、注目が集まることでしょう。

 

名古屋は、9月13日(金)にアウェーで『清水エスパルス』と対戦します。

青木、米本の復帰説が流れており、ファミリーの熱気が高まっていますが、何気に残留争いに巻き込まれているため、是非とも勝利を掴んでいただきたいです。

 

ではでは〜

『明治安田生命J1リーグ』第25節の注目カードについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

名古屋グランパス』は前節『横浜・F・マリノス』戦で大敗を喫しました。私はあいにく大学のゼミの夏合宿で、リアルタイムで観戦できなかったので、合宿の夜に、試合結果を見て、愕然としました。その後、ハイライトを見返すと、個人的には、名古屋に運がなく、横浜は強すぎたという印象でした。だから次節の『FC東京』戦は、大勝を収め、『鯱の大祭典』を良い流れで締め括っていただきたいなと思っております。

 

ということで、今週は第25節。

紹介する対戦カードは『名古屋グランパスFC東京

 

注目ポイントは『古巣対決』です。

実は、『名古屋グランパス』には、元『FC東京』所属の選手が複数在籍しており、しかも、主力として活躍しているということがあります。それは誰かと言うと、我らがキャプテンのマルこと丸山祐市選手、元々中盤でプレーしていたが、風間監督のかざマジックにより最近は前線での起用が多いアーリアこと長谷川アーリアジャスール選手、現在ケガで離脱中ですが、その献身的なプレーでチームを助けるヨネこと米本拓司選手、この3人に加えて、今夏の移籍市場でやってきたコースケこと太田宏介選手もFC東京からの移籍でした。もはや名古屋は東京の選手に支えられていると言っても過言ではないぐらい、主力として活躍する選手ばかりですよね。

一方、『FC東京』の選手に、元『名古屋グランパス』の選手がいないのか、そんなことは言わずもがなグランパスファミリーならすぐ分かりますよね? そう、N井こと永井謙佑選手です。もはや名前を聞くだけでグランパスファミリーが発狂するような存在ですが、私はとても良い選手だと思っています。他にも元名古屋の選手がいるかもしれませんが、今回は名古屋にフィーチャーした記事ということでご了承ください。

古巣対決というのは、サッカーをしたことがない私には分かりかねますが、選手たちにとって特別な思い入れがあることと思われます。想像ですが、元々在籍していたチームに対しての恩返し的な意味もあるのではないかと思っています。以上で挙げた4名の元東京の選手には、是非とも古巣に対して完勝という形で、恩返しを果たしてほしいと思っています。

 

この対戦カードは、フライデーナイトJリーグということで、今週の金曜日、8月30日に、名古屋のホーム、パロマ瑞穂スタジアムで行われます。記事を出した翌日になることは本当に申し訳ありません。

繰り返しになりますが、名古屋は『鯱の大祭典』中、最後の試合となりますので、勝ちという良い形で締め括っていただきたいと思います。

 

ではでは〜

『明治安田生命J1リーグ』第24節の注目カードについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

名古屋グランパス』は前節で『松本山雅』とアウェイで対戦し、結果は1ー1。後半80分に、松本の永井の得点で、先制点を奪われましたが、試合終了直前に、ネットからのロングパスにヘッドで合わせた赤崎のゴールで追いつき、勝ち点1を分け合いました。松本は、降格圏で苦しんでいる現状ですが、名古屋にとっては今シーズン1勝もできなかった強敵でした。是非とも、残留を果たしていただいて、来シーズンは、名古屋が松本に勝つところを見てみたいところですね。

 

ということで、今週は第24節。

紹介する対戦カードはもちろん『サガン鳥栖ヴィッセル神戸』 

 

注目ポイントはやはり『フェルナンド・トーレス引退試合』しかありませんよね。

トーレス選手は、アトレティコ・マドリードリヴァプールチェルシーミランと、欧州でも屈指のクラブチームに所属した経歴を持つ、世界的名手です。そんな彼が、8月23日、ヴィッセル神戸戦、盟友イニエスタとの試合を最後に、日本でその輝かしいキャリアを終えます。彼は引退後、鳥栖の若手育成に力を入れていきたいとも明言しており、日本サッカー界の今後の発展にとても大きな影響を与えてくれる存在となるでしょう。

彼が日本に来たことでもたらした影響は、計り知れないと思っています。なぜかと言いますと、世界的なスタープレイヤーの移籍する選択肢として、Jリーグの名前が上がることが、彼が日本に来る前と後で、確実に増えたと言えるからです。直近では、元ユベントス所属のMFマルキージオが、日本でプレーする可能性があるということを公表しています。

そんな彼の所属する『サガン鳥栖』は現在16位と、降格圏を脱してはいませんが、金明輝監督体制下に置かれてから、徐々に勝ちを積み重ねて、残留の道も見えてきたと言えるでしょう。そして今節は、世界的名手の引退試合ということで、絶対に勝利して、有終の美を飾らせてあげたいと考えていると思います。しかし、対する『ヴィッセル神戸』は、前回の記事で紹介した通り、今夏の、積極的補強で、タレントを揃え、鳥栖にとって、とても脅威となる存在であることは間違いありません。そんな神戸に対して、鳥栖がどんな戦いを見せるか、そして、トーレス選手のゴールは見られるのか、見所は満載です。

私は、中学生の頃に、PSPウイイレをやっていて、よくトーレス選手を使っていた思い出があり、その海外のスター選手が今日本でプレーしているということが信じられませんでした。しかも、そのキャリアを日本で終え、今後の日本サッカーの発展にも尽くしてくれるということで、トーレス選手には、是非とも有終の美を飾ってもらいたい、応援したいと思っています。

 

本当に日本に来てくれてありがとう、トーレス!!

 

名古屋は8月24日(土)にホームのパロマ瑞穂スタジアム横浜・F・マリノスと対戦します。

シーズン前半の試合では、痛み分けのドローでしたが、流れは横浜が握っていた感じは否めません。だから今節では、名古屋が、得点も、試合の流れも、全ての面で相手を圧倒するところが見たいと思っています。

 

ではでは〜

『明治安田生命J1リーグ』第23節の注目カードについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

前節では、我らが『名古屋グランパス』が、あの、2連覇王者である『川崎フロンターレ』に3ー0という大勝を納めました。グラファミ歴が1年未満の私は知らなかったのですが、川崎フロンターレからの勝利は2012年以来の7年ぶりということで、本当に、本当に、おめでとう!!

 

ということで、今週は第23節。

紹介する対戦カードは『ヴィッセル神戸浦和レッズ

 

注目ポイントは『神戸の新戦力』です。

今夏の移籍市場も活発な動きを見せる中、神戸は、他チームのサポーターでも、注目せざるを得ない、積極的な補強を行なっていました。特に神戸は、失点数がリーグ2位ということもあり、守備に問題を抱えていました。

そんな中、元FCバルセロナのDFフェルマーレン選手が加入するということが発表され、界隈が湧きました。これで、神戸に加入している元FCバルセロナ所属選手は、イニエスタ、ビジャ、サンペール、フェルマーレンの4人となりました。

そして、再び、世間を賑わせたのは、大分トリニータ藤本憲明選手の加入でした。大分トリニータで10番を背負い、リーグ前半では、得点王争いをしていたストライカーが、リーグ途中で、ライバルチームに移籍するというニュースは、衝撃以外の何者でもありませんでした。

さらに、つい先日発表されたのは、ロシアW杯でも活躍した、酒井高徳選手の加入。これで、神戸の守備陣は、酒井、フェルマーレン、ダンクレー、西と、強力な布陣が揃い、失点数2位の汚名を返上することに前進したと言えるでしょう。

 

現在、15位と、残留争いの一角でもある神戸ですが、攻撃力のある浦和レッズを相手に、新加入選手たちがどのような活躍を見せるのか、見ものです。

個人的には、藤本選手は、大分の時から注目していたので、和製ヴァーディーと呼ばれる彼が、イニエスタとの共演で、どのような化学反応を起こすのかが楽しみです。

 

名古屋は8月18日(日)にアウェーで松本山雅と対戦します。

今シーズンホームでの初敗北を喫した相手に雪辱を果たしてほしいものです。

 

ではでは〜

『明治安田生命J1リーグ』第22節の注目カードについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

3回目にして今後続けていこうかなと思う企画モノがスタートです。

どんなものかと言いますと、タイトルを見たら分かると思いますが、取り上げるのは、Jリーグの試合で、その週の節の注目カードを、注目ポイントと一緒に、自分の独断と偏見で紹介していこうというものです。

 

ということで、今週は第22節。

紹介する対戦カードはもちろん『名古屋グランパス川崎フロンターレ

 

注目ポイントは『戦術』です。

名古屋グランパス風間八宏監督は以前、川崎フロンターレを指揮していたこともあり、現在でも川崎にはその教えが残っていると言われています。

そんな名古屋の戦術はサポーターの間で『トメルケール』と言われており、いわゆる、ボールをもらってからの、止めて、蹴るの重要性を示しています。

一方の川崎の戦術は『トメルケールマエカラマモール』と言われており、名古屋の『トメルケール』をベースとし、現川崎の鬼木達監督が説いた、前からの守備の重要性をミックスさせたものであると認識していただければ結構です。

このように戦術が似通った2チームの攻防は『風間ダービー』と言われ、今シーズン前半戦である第12節、川崎のホームで行われた『風間ダービー』は、結果的には1ー1の引き分けで、勝ち点1を分け合う形となりましたが、欧州の大リーグにも負けず劣らずの好試合を見せました。

 

現在、10試合勝ちなしと不調が続く名古屋ですが、風間ダービーともなれば、シーズン2連覇中の川崎とも良い試合ができるのではないかと祈るばかりです。

この記事はおそらく8月9日(金)に出すと思われるため、試合はその翌日の19時からです。名古屋川崎のサポーターではなくても、この試合は要注目な好カードなので、観られる人は是非観てみてください!

 

ではでは〜

『名古屋グランパス』について語りたい

夏だ! 海だ! サッカーだ! ということで、2回目の記事はTwitterでお馴染みのサッカーについて話していこうと思います。

サッカーと言っても今回はもちろん私の大好きな『名古屋グランパス』について話していきたいと思います。

実はこの記事、浦和戦の後に書いており、Twitterで言った通り、気持ちが追いついておりません……詳しく知りたい方は『2019 明治安田生命J1リーグ 第21節 浦和 対 名古屋』をご覧ください。

 まあ自分にできることは信じて待つことしかないと思うので、一旦気持ちを切り替えて、この記事を書いていこうと思います……

 

そこで今回は『名古屋グランパス』についての「簡単な紹介・出会い・一押し選手」という3つの話題に触れていきたいと思います。

 

まず1つ目は「1分で分かる『名古屋グランパス』ぅ〜!!」(調子乗ってすいません)

 

名古屋グランパス

正式名称:『名古屋グランパスエイト

ホームタウン:名古屋市豊田市みよし市を中心とし、愛知県全県(wikiより抜粋)

ホームスタジアム:豊田スタジアムパロマ瑞穂スタジアム

監督:風間 八宏(2019.8.5現在)

 

とりあえず初めての人はこのくらいは覚えていればいいかなぁぐらいの情報量です。

あとは個人的に『ファミリー』という言葉を覚えておけばGJ部です! これは、サポーターという意味です。グランパスはサポーターのことをファミリーと呼んでいます。

 

次に「私と『名古屋グランパス』の出会い」

きっかけは『ウイニングイレブン』です。元々、ウイイレが大好きで、アプリ版をプレイしていたのですが、2019年版からJリーグの搭載が決まり、興味を持った次第です。

ここで余談ですが、よく、ウイイレ民は〜みたいな意見を聞きますが、私自身はどんな理由で興味を持ったとしても構わないと思います。だって、自分たちの好きなものを好きになってくれることがどれだけ嬉しいことか! そう思いませんか?

とりあえず話を戻しますと、ウイイレをきっかけにJリーグに興味を持った訳ですが、私、生まれも育ちも愛知県であり、生まれてから今まで、名前だけならよく聞いていた『名古屋グランパス』をゲーム内で使い始めました。そして、海外サッカーを観るためにDAZNを契約していたこともあり、Jリーグも観るようになりました。しかし、その当時はまだ、ゲームの中の存在でしかありませんでした。

そこである日『大学生10000人無料招待』というキャンペーンを発見し、就活やらなんやらで心が荒んでいた私は刺激を求め、それに応募しました。見事に当選し、面倒くさがりですが、貧乏性の私は、せっかく当たったんだから行こうという考えに至りました。

初現地観戦を果たした私は心が震えました。気持ち悪いとは思いますが、この言葉が一番しっくりきます。現地観戦の魅力については語ると長くなりそうなので、今回は触れません。知りたいという方は、要望あれば別の記事で触れますが、やはり、実際に行くことをおすすめします。初めてだと不安? 大丈夫、一緒に行きましょう。

また話が逸れましたね。笑 

初現地観戦で心が震えた私は、その後、気付けば過去の戦績や、過去の試合のハイライトを見漁っていました。色々と知れば知るほど、『名古屋グランパス』のことを好きになっていきました。あの、本田圭佑も、吉田麻也も、名古屋グランパスにいたということもそれから知り、ますます興奮が高まりました。

ということで、これが「私と『名古屋グランパス』の出会い」です。

 

最後に「私の一押し選手」

Twitterで知っている方もいると思いますが、アイコンにも使用している、ジョー選手です。ジョーは我らのエースストライカーで、昨季J1リーグ得点王です。ジョーが点を取ることで、チーム全体の士気も上がり、ファミリーの熱気も高まります。フィジカルも強く、相手との競合いではほぼ負けません。

そんなジョーですが、昨季得点王の勢いが最近落ちている感が否めません。対策もされてきていることもありますが、決めきれるところで決めきれない状況が、今季は多く見られている印象です。

これから暑くなる季節ですが、夏男ジョーと言われる彼の活躍に期待したいですね。

 

ということで、今回はこの辺で。

文章力や構成力はまだまだ拙いですが、精進していきたいと思います。

今回は『名古屋グランパス』についてでしたが、もっと他のJリーグのチームであったり、サッカーとはまた別の話題にも触れていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

 

ではでは〜

こんにちは。あっしゃまです。

こんにちは。私はあっしゃまと言います。22歳、学生です。

 

この度、ブログを始めてみました!

 

普段はTwitterで主にサッカー関連のツイートをしている私ですが、このブログでは、もっと自分を知ってもらおうと、サッカー以外のことにも触れていきたいと思っています。

 

というわけで、最初の記事はこれくらいで。次回以降お楽しみいただければ幸いです。

 

それでは〜ノシ