『明治安田生命J1リーグ』第33節の注目カードについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

名古屋グランパス』は前節『サガン鳥栖』戦でスコアレスドローという結果に終わり、惜しくも残留を確定させることはできませんでした。試合内容は、とりあえず鳥栖の金崎のPK枠外に助けられた節があり、総合として、名古屋が劣っていた感は否めません。

 

ということで、今週は第33節。シーズン終了まで残り2試合となりました。

紹介する対戦カードは『ジュビロ磐田名古屋グランパス

試合は、2019年11月30日(土)14:00〜、磐田のホームで行われます。

 

注目ポイントは『東海ダービー』『名古屋残留確定なるか』

本記事は特別にこの2点でお送りしたいと思います。

注目ポイントの1つ目『東海ダービー』。愛知県と静岡県、隣接する両県のプライドを懸けた戦い。今シーズン前半の名古屋のホームで行われた平成最後の『東海ダービー』では、現在昨季得点王のインパクトが薄れつつある、我らがジョーの一点で勝利を収めています。そしてこれまでのダービーの結果から、名古屋は磐田に相性が良いとされているため、次節も勝っていきたい所であります。

それに何より、名古屋には絶対に勝たなければいけない理由があります。それが注目ポイントの2つ目『名古屋残留確定なるか』です。前回ダービーで戦った時は、まだ優勝争いをしていた名古屋ですが、あれよこれよという間に現在リーグ12位。残留争いの真っ只中です。残留争いを抜け出す為に必要な条件が、この次節磐田戦での試合結果が引き分け以上、ということです。とにかく負けないこと、と言いたい所だったのですが、主観にはなりますが、最近の磐田は恐い、と。ずっと最下位に留まっていたはずの磐田が、前節であのカップ戦準優勝を果たした札幌相手に勝利したという結果から、苦しい状況ながらも、まだ残留を諦めておらず、こちらも甘い気持ちで勝負に挑んでは、負けてしまうぐらいの恐さを持っています。だから、引き分けとは言わず、勝ちにいくつもりで試合に臨みたいです。

名古屋サポであることから、名古屋贔屓な記事になってしまい申し訳ありませんが、磐田さんは本当に良いチームで、名古屋に負けず劣らず歴史の深いチームであることから、リスペクトもしています。良い試合になることを期待しています。しかし、勝つのはやっぱり名古屋です。笑

 

今回はこんなところで。

ではでは〜