『明治安田生命J1リーグ』第34節(最終節)の注目カードについて語りたい【特別版】

こんにちは。あっしゃまです。

名古屋グランパス』は前節『ジュビロ磐田』戦で、1ー2で敗北を喫しました。『東海ダービー』と銘打って行われたこのマッチで、名古屋が負けるのは、実に10年ぶりだそうです。悔しいですが、受け止めなければならない事実です。そして、この試合では、両チームにとって、残留、降格争いに、複雑な事情を発生させる事態となってしまったことも忘れてはいけません。というのも、この試合に敗北した、我々名古屋は、次節『鹿島アントラーズ』戦で、20失点しない限りは、残留が決まる、実質残留が確定したということと、何と言っても、この試合に勝利した磐田は、別会場で『湘南ベルマーレ』が『サンフレッチェ広島』に勝利したことで、降格が確定してしまったということです。もちろん、私は名古屋サポーターなので、一概に磐田サポーターの気持ちが分かるといえば、嘘になりますが、それでも、勝利した試合のその日に、降格が決定してしまうというのは、何とも、複雑な心境だと思います。来シーズンは別のカテゴリーとはなりますが、隣県の仲ということで、今年の『柏レイソル』のように、J2で無双して、またJ1に返り咲いてほしいと思っています。名古屋は次節、我々のアイドル『相馬勇紀』選手を強奪(?)した鹿島をちんちん(名古屋弁)にしてあげましょう。

 

と、前置きが長くなりましたが、今週はいよいよ最終節。

今回は特別に紹介したい対戦カードが2つあるので、ご紹介します。

まず1つ目は何と言っても『名古屋グランパス鹿島アントラーズ

試合は、2019年12月7日(土)14:00〜、名古屋のホームで行われます。

 

注目ポイントは『新ユニフォームお披露目』です。

前述した通り、名古屋は実質残留が確定しているので、試合そのものについての注目ポイントは割愛します。ということで、現在、続々と、来シーズンのユニフォームを発表するクラブが出てきているかと思われますが(名古屋以外のチームのそういった情報は基本知らない)、名古屋は先日公式ツイッターで、来シーズンの新ユニフォームをお披露目すると共に、それを着て、試合を行うということを発表しました。一足先に、来シーズンのユニフォームを見られるということで、デザインが気になる所ですが、実際の所、考えたくはないですが、来シーズンにどれだけの選手が退団するか分からないので、その選手たちが新ユニフォームを着用した姿を拝める最後の機会だとすると、とても貴重で、目に焼き付けておかなければいけないと個人的には思っています。

 

2つ目の紹介する対戦カードは『横浜F・マリノスFC東京

試合は、上記と同じ、12月7日(土)14:00〜、横浜のホームで行われます。

 

注目ポイントは『天王山』です。

これはもう言わずもがな、優勝争いです。現在横浜は、勝点67、東京は、勝点64と、横浜が東京に3点差を付けて首位に立っています。東京が優勝する為には、横浜に勝つことが絶対条件であります。しかし、勝ったとしても、勝点が67で並び、得失点差によって、優勝が決定します。現在横浜は27、東京は20、ということで、東京が4点差を付けて、横浜に勝利すれば、めでたく東京の優勝が決定します。無理?いえいえ、そんなことはありません。J2の最終節『柏レイソル京都サンガF.C.』の試合のような例もあります。結果は自分でお確かめください。

何が起こるか分からない、世界でも類を見ないと言われる、優勝するチームが最後まで分からないJリーグ。横浜対東京、この天王山を制し、優勝という2文字を掲げるチームは、どちらなのか、とても楽しみです。もちろん私は横浜を応援しますよ。笑

 

ということで、今回はこんなところで終わりたいと思いますが、ここらで謝罪をば。前々節ホーム豊スタ参戦できなくてすいません。本当に大事な用事が入ってしまい、DAZNでの観戦となってしまいました。

しかし!! 今週、最終節は参戦しますよ!! 大学のサッカーをあまり知らない友人も来てくれることになったので、名古屋色に染めるのを後押しお願いします。その為にも、豊スタでの勝利の風景を見せてあげられたらと思うので、皆さんの応援で、鹿島をぶっ倒して差し上げましょう。そして、相馬くんを取り返す。てな訳で、前々の記事と同じように

https://twitter.com/asshama725

こちらのフォローもよければ是非!!

 

今回はこんなところで。

ではでは〜