Jリーグオフシーズンで暇な人に是非観てほしい!! 私のおすすめの感動するアニメについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

今年のJリーグもとうとう終わり、来シーズンまでの空白期間をどう過ごそうかと思っているサポーターの方も多いのではないでしょうか。

と言っても私は、『名古屋グランパス』のサポーター歴1年未満で知りませんが、このオフシーズンにイベントやら何やらあれば話は別ですが。笑

 ということで、そんなお暇を感じているあなたに、サカファン兼アニオタであるこの私がオススメするアニメをご紹介したいと思います!! ほらそこ、いつもよりテンション高いとか言わない。

とまあ茶番は置いておいて、、、

 

まずご紹介するのが結城友奈は勇者である(以下ゆゆゆ)

この作品は、一見萌え系で毛嫌いする方もいるかもしれません。しかし、そのビジュアルからは想像もできない程、凄惨な世界、その中で、強く生き続ける女の子たちの、心揺さぶられる物語となっています。

あらすじを簡単にご紹介しますと、讃州中学校に通う結城友奈は、ある日、四国の守り神である神樹様の作る結界に誘われ、勇者としての力を与えられます。同じく勇者の力を与えられた美森、風、樹、夏凛と共に、未知の敵バーテックスを倒し、彼女らの世界を守り抜く、これがネタバレを極限まで排除した、簡単なあらすじです。説明力不足なのは否めませんが。笑

とりあえず、この作品は観たら最後、感動の涙を流すこと間違いない(あっしゃま談)作品ですので、必見です!! ちなみにこのゆゆゆ自体は、アニメ原作ですが、過去の世界を描いた『鷲尾須美は勇者である』(以下わすゆ)『乃木若葉は勇者である』(以下のわゆ)の小説が出ているので、気になった方の為に、amazonのリンク貼っておきます。そして、過去ではありませんが『楠芽吹は勇者である』(以下くめゆ)という小説も出ていますのでこちらも是非。

ゆゆゆ、わすゆ、のわゆ、くめゆ、これらは全て繋がっており、その全てを読破することによって、この勇者であるシリーズの重厚な世界観を、より一層楽しむことができると思います。全てに触れた後、必ず後悔はしない作品ですので、是非とも読んでください。いや読め。

 

さあ気を取り直して、次にご紹介するのがやがて君になるです。

この作品は、女の子同士の恋愛、いわゆる百合と呼ばれるジャンルの作品です。実のところ、この百合というジャンルは、私自身あまり好きではありませんでした。しかし、この作品を一目見て、良作だと感じたと共に、百合というジャンルに抵抗を無くすきっかけにもなりました。

こちらも簡単なあらすじをご紹介しますと、誰のことも特別だと思えない主人公の小糸侑は、ある日、自分のことが嫌いであるが故に、自分に対しての好意を受け入れられないという、ヒロインで生徒会長である七海燈子と出会う。燈子は、自分が嫌いな自分のことを好きにならないでいてくれる侑に対して好意を抱いてしまう。侑は、始めは自分と同じような人間だと感じていた燈子が、自分に対して好意を抱くことで、特別という感情を知ってしまったことに複雑な感情を抱きながらも、彼女の好意を受け入れ続ける。その特別という感情をいつか知るために。

とまあ、ネタバレを極限まで抑え、自分の説明力の限界までを振り絞って書きましたので、評価は程々にお願いします。作品としては、こちらは漫画原作で、その漫画の方が、つい先日、満を持して、完結を迎えました。全8巻と比較的手に取りやすい巻数かなと思うので、是非とも全巻購入して、2人の行き着いた先を見届けてほしいなと思います。

 

今回は2つの作品をご紹介しましたが、今後も気が向いた時に、自分の好きなアニメをご紹介できればと思っております。やはり好きなものが世に広まってほしいと思うのは、ファンであれば必然ですからね。

 

今回はこんなところで。

ではでは〜