【2019シーズン版】私の考えるJリーグベストイレブンについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

J1リーグ、とうとう最終節を終え、終幕してしまいました……(本来この記事を最終節後最初に出すつもりでした笑)その結果、優勝したのは『横浜F・マリノス』!! 本当におめでとう!! 私は他サポですが、とても良いチームだとずっと思っていました。優勝後の雰囲気も良く、マリノスサポは幸せ者だなと感じさせてくれました。

一方、私の本命である『名古屋グランパス』は、最終節直前で、実質残留決定状態でしたが、最後に勝って、今シーズンを良い形で締め括りたいと思って向かえた試合でしたが、結果は負け。相手があの『鹿島アントラーズ』とはいえ、新ユニ発表も相まってか、スタジアムの雰囲気もとても良かっただけに、残念です。私は未だ、来シーズンへの不安感が拭えないままですが、その最大要因である、マッシモ続投の是非を、今一度このオフシーズン中に、フロントには見つめ直していただきたいと思っています。フロントが熟考した上で出した結論が、マッシモ続投であると言うならば、私はそれに賛同し、来シーズンも全力で応援します。

 

とまあ、色々あった2019シーズン最終節。その翌日に何があったか、皆さんなら分かりますよね? そう『2019Jリーグアウォーズ』です。そこで発表されたベストイレブン。かなりネットでの評価が荒れていましたね。私も納得がいきません。

ということで、今回の記事は、私の独断と偏見で決めさせていただいた『私的Jリーグ2019シーズンベストイレブン』を発表したいと思います。あらかじめ伝えておきますと、私はほとんどJ1の試合しか見ていませんので、J1からの選出が主となっています。J2サポの方々にはそこのところを理解していただけるとありがたいです。

 

それでは発表します。私が選ばせていただいた11人の選手たちです。

 

[GK]キム・ジンヒョンC大阪

 

[DF]シマオ・マテ(仙台)、チアゴ・マルチンス(横浜M)、畠中槙之輔横浜M

 

[MF]アンドレス・イニエスタ(神戸)、仲川輝人横浜M)、橋本拳人(F東京)、古橋亨梧(神戸)、マルコス・ジュニオール横浜M

 

[FW]ダビド・ビジャ(神戸)、ドウグラス(清水)

 

いかがですか? ちなみにフォーメーションは3ー2ー3ー2です。我ながら妥当な人選だと思っています。

選出理由ですが、個人的に印象に残っている選手といってしまえばそこまでですが、GKに関しましては、今シーズン最小失点数の『セレッソ大阪』の守護神であるキム・ジンヒョン選手を選ばせていただきました。

また、DFに関しまして、チアゴ・マルチンス選手は言うまでもなく、選ばれて然るべき選手だというのはもうご存知でしょう。あの速さのディフェンスは、Jでは唯一無二と言って差し支えないでしょう。一方のシマオ・マテ選手は、個人的に、いつかのCKからのヘディングシュートが印象に残っていて、フィジカル然り、空中戦にも強いという、その存在感から選ばせていただきました。

MFに関しまして、もうほとんど説明不要なぐらいに人材豊富で選ぶのに苦労しました。名古屋サポとしては、前田直輝選手も入れたかったのが本音ですが、残念ながらポジション的に、絶対的な選手がいたために断念しました。そう、今シーズンMVPのマリノスの仲川選手と、『ヴィッセル神戸』の古橋選手です。両サイドハーフはこの二人でほぼ確定でしょう。そして、イニエスタ選手は、いつかの田中順也選手が決めた得点に繋がるロングボレーパスが印象的だったので選出させていただきました。マルコス選手は、言わずもがな得点王だからです。

最後にFWに関しまして、ここは凄い悩みどころでした。というのも、サッカーというスポーツ自体が、得点者が目立つスポーツであるため、それに一番近いポジションであるFWは、良いと思える選手に心当たりがあり過ぎるということが言えます。その中で、私が選ばせていただいた選手として、まずダビド・ビジャ選手は、ベストゴールが本当に凄いと思い、そして印象的なゴールとして、ダブルダッチからのシュートが頭に残っていたため、選出させていただきました。また、『清水エスパルス』のドウグラス選手は、これまたいつかのGKが弾いたボールをオーバーヘッドで決めたシュートが印象的で、選出させていただきました。

 

そんなこんなで、私の考える2019シーズンのJリーグベストイレブンについて語らせていただきましたが、思ったのは、選ぶのが難しい程に、良い選手が沢山いたということです。それも、Jリーグのレベルが上がっているという確たる証拠に他なりません。ですので、来シーズンもどんな選手が躍動するのか、注目していきたいと思っています。

これから冬の移籍市場も活発化していきます。そこで、誰が加入し、誰が退団するのか、そのような来シーズンに向けた新たなチーム造りの動向にも注目です。

 

今回はこんなところで。

ではでは〜