2019年の『名古屋グランパス』的ニュースについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

今年もいよいよ残り約一週間となりました。Jリーグも2019シーズンが終了し、各カテゴリーのチームも出揃いました。現在は移籍期間で、推しの選手が移籍しないか、ハラハラドキドキで、年末を迎えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。笑

とはいえ、今年のシーズンも色々とありましたね。『曹監督パワハラ問題』『久保レアル移籍』『横浜優勝』……皆さんは何が一番心に残っているでしょう。

 

ということで、今回は、私の独断と偏見で選んだ『名古屋グランパス』的ニュースを3つ紹介したいと思います。これを見ている名古屋サポーターの方もそうでない方も、共感が得られたと思いましたら、記事の下の方にあるスターボタンを押していただければ、私のモチベーションにも影響すると思います。是非よろしくお願いします。

 

時系列順に次の3つについて紹介します。

 

 

相馬移籍(リリース日:2019年8月7日)

これは衝撃的でしたね。確かに風間体制の下、スーパーサブとしての出番が多かった相馬選手でしたが、スーパーサブでも、出場してボールを持てば、「行けえぇぇぇ!!! 相馬あぁぁぁ!!!」と声を掛けられるほど、その試合での存在感を発揮し続けていた選手でした。しかも、その可愛らしいビジュアルと、そこからは想像できないくらい果敢なドリブルを仕掛け、サポーターの心をガッチリ掴んでいたというのも、間違いではないでしょう。

しかし来たる2019年8月7日、クラブ公式が発表したのが、相馬選手の『鹿島アントラーズ』への期限付き移籍の報せでした。事前から噂は出ていましたが、まさか本当に移籍するとは、当時思っていなかった人も多いでしょう。私もその一人でした。しかし、移籍すること自体が悪いことではなく、プロのサッカー選手であれば、自分の成長、相馬選手であれば東京五輪出場のためというのは、分からなくもない話ではありますが、この移籍は、名古屋サポーターの大多数が、相馬選手への不信感を募らせてしまいました。それはなぜか。その理由は、相馬選手が語った移籍の理由にありました。

 

「昨シーズンの夏、特別指定選手としてグランパスの一員になってから約1年間、素晴らしい選手・環境の中でたくさん成長することができました。

クラブの皆さんにはこの度の移籍も含め、いつも支えていただき本当に感謝してもしきれないです。

ファミリーの皆さんにもいつもどんな時も大きな声援で後押ししていただきました。本当に嬉しかったです。

鹿島アントラーズに行って、さらに成長して戻ってきます。

本当にありがとうございました。」(公式リリースコメントより引用)

 

どう思いましたか。これが名古屋サポーター的には、帰ってこないだろうというメッセージと受け取られた感じが当時ありました。

そしてその後、インタビュー記事で、東京五輪も視野に入れた移籍かとの質問に、

 

「森保監督は試合に出ていない選手は選ばないと思う。試合に出るのは最低限のこと。」

 

と、答えています。言ってることは間違いではないと思いますが、では実際、名古屋にいた頃と鹿島にレンタルした後で、出場機会が変わったかというと、そんなこともなく、むしろ減っているとも言えます。それを受け、結局鹿島の方が魅力があって、名古屋を見限ってしまったのだろうと、名古屋サポーターが思うのも無理もありません。

とまあこんな感じで、相馬選手の移籍が、一大ニュースであった訳なのですが、移籍期間も、1月31日までということなので、残り約1ヶ月もすれば、相馬選手が名古屋に帰るのか、それとも鹿島に残るのか、彼の名古屋愛が試されていると思われます。

 

風間解任(リリース日:2019年9月23日)

これまた衝撃的でした。というのも、今シーズンの序盤を好調な流れで来ていた風間体制下の名古屋でしたが、中盤から失速、風間監督が解任される直前までの成績が、8勝7分11敗と、とても優勝争いをしていたチームとは思えない成績でした。

そんな中で迎えた2019年9月23日、クラブはとうとう風間監督の解任を発表しました。サポーターの声は、個人的な印象で申し上げますと、解任ブースト期待!!か、貫くとは何だったのか?など、賛否どちらの意見も多く見られた感じだったと記憶しています。私自身としては、風間続投派だったので、クラブには貫くという姿勢を続けてほしかったところです。

その後マッシモ・フィッカデンティ監督が就任しましたが、結果的に1勝しかしておらず、風間監督を続投させていた方が良かったのではと言われる始末。

 

マッシモ続投(リリース日:2019年12月20日)

つい先日の2019年12月20日、クラブはマッシモ監督の続投を正式に発表しました。しかし上で述べた通り、マッシモ監督は、シーズン途中からとはいえ、僅か1勝しかしておらず、その続投はおそらく大多数のグランパスサポーターが望んでいなかったと言えるでしょう。

しかし、決まってしまったものは仕方なく、これから冬の移籍市場も活発に動いていく中で、マッシモ監督の戦術に合った選手の加入と、それに伴う、風間監督の連れてきたと言われる選手の流出に、注目が集まります。

それでも私は、どんな形になろうと、名古屋が好きなので、マッシモ監督の名古屋グランパスを応援していきたいと思っています。

 

ということで、3つご紹介しましたが、他にも色々ありましたね。皆さんはどんなニュースが一番心に残っているでしょうか。来シーズンも色々とあるかとは思いますが、チーム一丸となって乗り越えていきましょう!!

関係ない話にはなりますが、前半と後半の熱量が明らかに違うのはご愛嬌ということで。笑

 

今回はこんなところで。

ではでは〜