【新年のご挨拶】2020年もよろしくおねがいします。

こんにちは。あっしゃまです。

新年明けましておめでとうございます。読者の皆さまは、いかがお過ごしでしょうか。

私は元日、特に何もせず過ごしました。笑

 

という訳で、今回は誰得かは知りませんが、私個人の、2019年の思い出や振り返り、そして、今年の抱負等について、少しばかり話させていただいて、新年の挨拶とさせていただきます。

 

2019年は、私にとって、かなりの変化があった年で、22年間生きてきた中、最高に充実した年であったと、心の底から思っています。

それでは、どんなことがあったか、次の項目に絞ってお話していきたいと思います。

 

  

「本気に熱くなれる趣味との出会い」

もちろん、サッカー観戦です。『名古屋グランパス』を好きになって、実際にスタジアムへ観戦しに行ったのは、2019年からでした。

この趣味と出会ったことで、私は、グランパスサポーターの一員であるという仲間意識が芽生え、選手たちと一緒に戦い、勝った時の喜びや、負けた時の落ち込んだ気持ちを分かち合うことで生まれる、感動の大きさを知ることができました。

 

「仲間と共に切磋琢磨し合ったゼミ活動」

大学4年生である私は、現在進行形で、卒業研究に追われています。その中で、配属されている研究室のゼミ仲間との毎日は、とても有意義であったと言えます。研究で行き詰まった時に、仲間が助けてくれたり、自分が仲間に手を貸してあげたりと、人生でこんなに、仲間の存在の大きさを実感したことはこれまでありませんでした。

 

「人生初の告白・失恋」

大学4年生で、今年からもう学生という身分を失ってしまうことに、私は焦っていました。大学生ともなると、身の回りが、彼氏彼女持ちであることが、半ば当たり前のようになっていたことで、私自身も、いい加減腹を括る時が来たと思い、好きな子に思いを伝えました。

結果は、もう付き合っている人がいるとのことで、お断りされてしまいました。しかし、相手方は、自分の思いに真摯に向き合ってくれて、わざわざ自分の為に時間を作ってくれたことがとても嬉しかったです。フラれてしまったものの、この思いは変わっていません。

そして、自分の中で、この経験から色々なことを学びました。誰かを好きになって、恋人になることの尊さ、意外と自分の頑張りを見てくれている人はいるんだということ、もっと早く告白しておけばという後悔、失恋の悲しさ。

恋愛系のアニメやドラマのように、実は告白した相手と両思いでしたなんて、心のどこかで私はそう思っていました。でもそんなに人生甘くはないと分かりました。失恋は辛いです。もっと早く告白しておけばとか色々なことが頭を駆け巡って、毎日が何の為にあるのか、たまに分からなくなる時があります。

これを読んでいる、今好きな相手がいるそこのあなた、絶対に後悔のないように、気持ちを伝えてください。こんな言葉で響かないかもしれません。私もこうなるまで気付きませんでした。だからこそ、あなたには、後悔してほしくありません。大丈夫、まだ時間はあります。告白、しましょう。

 

ということで、三つ目で少し熱くなってしまいましたが、それくらい自分の人生において、大きな出来事であり、大きな一歩でもあったと思っています。本当に2019年は、大きな変化、成長、充実の一年だったと心の底から言えます。だから2020年はこれを超えていけるくらいに、様々なことに挑戦し、飛躍の年にしたいと思っています。

それを受け、2020年の抱負をここで発表したいと思います。これは、ここであえて言うことによって、言ったんだからやらなければと、自分に対して追い込みをかけるという意味を持っています。

それでは、2020年の抱負は、

 

  • 名古屋グランパスのアウェー試合の観戦に行く。
  • 自作小説を新人賞に応募する。
  • 恋人を作る。

 

以上3つです。現実的に一番達成しやすそうなのは、一番上ですかね。笑

もちろん、全部達成できるように、最大限力を注いでいきたいと思っています。

 

もちろんこのブログも継続して書いていきますので、応援のほどよろしくお願いします。基本はサッカー関係の記事にはなりますが、たまには、アニメやゲーム、読者さんからの要望など、バラエティに富んだブログにしていきたいと考えています。

 

今回はこんなところで。

ではでは〜