【名古屋グランパス】今シーズン見れたら嬉しい! なフォーメーションについて語りたい

こんにちは。あっしゃまです。

 

先日発表された、Jリーグ今シーズンの降格なし特例に関して、もうご存知の方がほとんどでしょう。

 

これに関しては「残留争いがないことで本気度が薄れるのではないか」という意見を一部拝見しましたが、それは否定しません。

しかし、私はあくまでポジティブに、この特例によって、あることが可能になったと思いました。

 

それは、「色々な戦力・戦術を試すことができる」ということです。

 

これまではリーグで勝ち進んでいくことが求められていたため、若手などの新しい戦力や、新しい戦術を試すことが難しかったと思います。

 

現に昨シーズンは成瀬竣平選手や渡邉柊斗選手の出場機会が少なかったということと、さらにはあの青木亮太選手でさえ、怪我をしていたという面はありながらも、復帰後の出場機会は与えられませんでした。

 

そこで今シーズンは降格なしの特例によって、今挙げた選手の他に、ユース上がりや大学からの新加入となった三井大輝選手、吉田晃選手、石田凌太郎選手の出場機会も得られるかもしれません。

 

ということで、今回は今シーズンに見れたら嬉しい、希望的観測を伴った、私の独断と偏見による、名古屋グランパスのフォーメーションについて語りたいと思います。

 

 

今回紹介するのは「4ー3ー2ー1」のフォーメーションです。

 

コンセプトは「やまさきごーる」です。

 

実際のフォーメーションはウイイレアプリのスクショから。

f:id:asshama725:20200320174220p:plain

「やまさきごーる」フォメ

スタメン解説・・・

 

GKは安定のランゲ神。

今シーズンも神セーブ期待!!

 

4バックは、安定の豊、マル、進之介、和也。

両サイドの、積極的な攻撃参加からの、素早く守備に戻れる運動量が鍵。

 

中盤の3人は、ボールハンターのヨネを最後方に配置。

シミッチには前線へのパス供給でゲームメイク、祥には前目の守備を期待。

 

二列目の左サイドには第一節でゴールを決めたその決定力の高さを買って阿部っち。

右サイドには直輝。とりあえずドリブルで相手を抜き去る。

 

CFにはコンセプトの重要人物である凌吾。

この男がゴールを決めなければ何も始まらない。

得点パターンは、豊和也の両サイドからのピンポイントクロスに頭で合わせる形や、シミッチのキラーパスからの相手GKとの一対一、直輝がドリブルで相手を引きつけその隙にフリーでボールをもらってシュートなど、妄想が捗ります!!笑

 

ちなみにベンチメンバーはそこまで深く考えていません。

中盤の運動量が過多な気もするので、柊斗を入れてもいいかもしれませんね。

 

 

てな感じで今シーズン見れたら嬉しいフォーメーションについて語っていきましたが、いかがでしたでしょうか。

正直、サッカーの戦術に関しての知識は、そんなに詳しい訳ではないので、異論反論など、様々な意見があると思います。

 

ですのでこの記事は、私が一名古屋グランパスファンであるが故の妄想であるということを念頭においていただき、その上でアドバイスなどいただけたら嬉しいです。

 

そして皆さんも私のTwitterのDMに見てみたいフォーメーションなどお寄せください。

 

以下Twitterアカウント↓

https://twitter.com/asshama725

 

今回はこんなところで。

ではでは〜